【動画】第35回全国高校生の手話によるスピーチコンテストの開会式で手話を交えてあいさつする眞子さま=竹谷俊之撮影

 第35回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト(全日本ろうあ連盟、朝日新聞厚生文化事業団、朝日新聞社主催、NEC協賛)が25日、東京・有楽町朝日ホールであり、秋篠宮家の長女、眞子さまが出席した。

 開会式で眞子さまは、スピーチの全てに手話を交えてあいさつ。「一人一人が手話に対する意識を高めることは、皆が安心して暮らせる社会へとつながっていく」とし、同コンテストなどを通して「大切な言語である手話」への理解が深まり、「より手話を使いやすい環境がつくられていきますことを願っております」と語った。