[PR]

 大相撲で8場所連続休場中の横綱稀勢の里が25日、夏巡業先の埼玉県春日部市で「納得のいく稽古をして、良い状態で初日を迎えたい」と話し、進退がかかる秋場所(9月9日初日、東京・国技館)に向けて意欲をみせた。

 先月末に始まり、26日に終わる夏巡業を皆勤する見通しとなった稀勢の里。「久々にフルで出て、気持ちいいもんですね」。この日も土俵に上がらなかったように稽古量は決して多くないが、「体全体の力が出てきた。引き続きやっていけば面白いと思う」と本人は手応えを口にした。

こんなニュースも