手押し荷車、作り守り50年 小車

有料記事

抜井規泰
[PR]

魚河岸ものがたり:13

 市場正面の左手。地下鉄築地市場駅の出口の真上あたりに、桐生製車がある。

 電動の小型運搬車、ターレより小回りが利き、何百キロものマグロを1人で運べる手押し荷車「小車(こぐるま)」。唯一の製造業者、桐生源三さん(68)は、築地に1千台以上ある小車の修理も担っている。

 時代劇で見る「大八車」を細めにした形。人がすれ違うのがやっとの狭い通路でも移動できる機動力が自慢だ。車輪の軸上に重心が来るよう上手に積めば、1トンの荷も運べるという。

 10年以上使える丈夫な構造…

この記事は有料記事です。残り469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!