静養中の皇后さまは27日、群馬県草津町で開かれた国内外のトップレベルの演奏家が集まる音楽祭に参加し、ピアノを演奏した。

 チェコ出身で世界で活躍するホルン奏者のカテジナ・ヤブールコワさんらと、サン・サーンスの「白鳥」などをピアノで演奏した。めがねをかけ、体を揺らしながら丁寧に演奏した。カテジナさんは演奏後、「私が吹きたいテンポで弾いてくれてびっくりした。修正する所がなかった」と感想を話した。(緒方雄大)