[PR]

 「人道大国」を誇る北欧スウェーデンで、反移民感情が高まっている。受け入れ凍結を掲げる極右政党「スウェーデン民主党」が支持を伸ばし、9月の総選挙では第1党をうかがう勢いだ。移民や難民に寛容なことで知られる社会は変質してしまったのか。

 「社会統合とは、何世代にもわたってスウェーデンに住む人たちの慣習を学ぶことだ」

 8月半ば。林業がさかんな東部の町スンツバルで、スウェーデン民主党のジミー・オーケソン党首(39)は、移民や難民に社会への「同化」を迫り、「スウェーデン人重視」の姿勢を鮮明にした。

 スクリーンには、第2の都市イエーテボリで最近起きた車の放火事件が映し出された。「これがスウェーデン社会のなれの果て。現政府の政策は失敗だ」。凶悪犯罪と移民問題を関連づけて移民・難民流入の凍結を訴えるのが同党がよく使う手法で、約300人の聴衆はどっと沸いた。

 投票先を決めかねていたという…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら