【動画】命育む分布北限域のサンゴ群落 静岡・内浦湾のエダミドリイシ=岡田和彦撮影
[PR]

 駿河湾最奥部の内浦湾はハードコーラルと呼ばれる造礁性サンゴの分布北限域に含まれる。エダミドリイシが自生しており、群落を見ることができる。造礁性のサンゴは魚の餌場になるほか、幼魚やエビ・カニなどの隠れ家になっており、多くの命を育む。

 1991年、静岡県沼津市西浦久連(くづら)沖で、約5千平方メートルのエダミドリイシの大きな群落が発見された。その後、平沢など湾内各地で自生しているのが確認された。

 大群落は低水温、台風、ウニ(ガンガゼ類)による食害などの影響で減少が続く。内浦漁業協同組合、東海大学、地元の水族館などで組織する「北限域(内浦湾)の造礁サンゴ群落保全会」がサンゴの種苗生産、移植、ガンガゼ対策のフェンス設置などに取り組んでいる。

 保全会メンバーで、環境コンサルタント研究員の松永育之さんは「厳しい環境に耐えながら生き延びてきた貴重なサンゴをこれからも守っていきたい」と話している。(文・岡田和彦 写真・堀口和重氏)