[PR]

支援通信

 全日本空輸(ANA)は、西日本豪雨災害の復興支援に向けた「でかけよう西日本」プロジェクトを始めた。運賃の値下げや旅行商品の割引クーポン、ネット通販を通じた寄付などに取り組む。

 運賃を値下げするのは、事前購入の割引運賃「旅割」が対象で、羽田―岡山▽羽田―広島▽成田―広島▽羽田―松山▽名古屋―松山▽大阪―松山の6路線。

 例えば、搭乗の45日前までに購入する「旅割45」の羽田―広島と成田―広島は最安で9900円になる(10月27日までの搭乗分、変更前は1万500円から)。8月15日から販売を始めた。同社によると、一部売り切れになっている日付や便があるという。

 25歳未満向けの「スマートU25」、65歳以上向けの「スマートシニア空割」も運賃を値下げする。9月1日~10月27日搭乗分で、9月1日から販売する。

 航空券とホテルと組み合わせて購入する旅行商品「旅作」の割引クーポンも発行する。被災県への周遊型ツアーも計画中という。ANAは「ボランティア活動のほか、帰省や旅行にも役立ててもらえれば」としている。

 「でかけよう西日本」の専用サイトは、https://www.ana.co.jp/ja/jp/share/west-japan_support/別ウインドウで開きます

 このほか、ネット通販「ANAショッピングA-style」(https://www.astyle.jp/別ウインドウで開きます)で被災県に関連したグルメを紹介する特設ページを9月上旬に設け、売り上げの一部を日本赤十字社を通じて寄付する。(北村有樹子)