[PR]

 魔女の「まじょ子」が活躍する人気児童書、「まじょ子」シリーズが、60巻出版されたのを機に、いったん「おやすみ」することになった。30年以上も年2回ほどのペースで新刊を出してきたロングセラー。作者は「(まじょ子は)いずれ戻ってくるつもり」と話す。

 「まじょ子」シリーズは、まじょ子に出会った人間が様々な体験をするファンタジー。「ズッコケ三人組」(全50巻)や「かいけつゾロリ」(最新63巻)とともに、長く続く作品として知られている。出版元のポプラ社によると、累計260万部以上を売り上げ、英語や韓国語などに翻訳されてきた。

 作者で児童作家の藤真知子さんは病弱だった幼い頃に読書好きになった。東京女子大学を卒業後、出身地の東京都から名古屋市へ移り住んだ。カルチャースクールで童話の書き方を学んだときに書いたのが、「まじょ子」。出版社の童話賞に入選すると、すぐに書籍化が決定。1985年、シリーズ1作目となる「まじょ子どんな子ふしぎな子」で、作家デビューをした。

 2人の男の子を育てながらの作家生活はいそがしい。食卓にワープロを置き、家事の合間や家族が寝た後に執筆した。夫の仕事で米国や英国に居住したときや、約20年前に2度の子宮がんで手術を受けたときも書き続けた。「まじょ子」以外のシリーズ作品も手がけ、多い時は年間8冊を出版してきた。

 藤さんの作品は、どれも夢のよ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら