【動画】熊本から避難していたライオンやトラたち=大畑滋生撮影
[PR]

 2016年4月の熊本地震でオリが被災し、他県の動物園に預けられていた「熊本市動植物園」(東区健軍5丁目)のライオンやトラなどの猛獣が10月、2年半ぶりに帰ってくる。大西一史市長が27日の会見で発表した。

 熊本地震では、猛獣舎のオリに一部ひびが入るなどした上、余震も続いた。逃げ出す恐れもあるため、計5頭を福岡、大分両県の動物園に預けていたが、猛獣舎や配水設備の修理にめどがたち、10月22、23日に帰還することになった。

 オスライオンの「サン」を預けた九州自然動物公園アフリカンサファリ(大分県宇佐市)からは、サンが帰ってくるとともに、結婚相手のメスライオン「クリア」も譲り受ける。

 その他に帰ってくるのは、到津の森公園(北九州市)に行ったアムールトラ「チャチャ」(メス)、福岡市動物園に預けられたウンピョウの「ジュール」(オス)、「イーナ」(メス)、福岡県の大牟田市動物園のユキヒョウの「スピカ」(メス)。

 熊本市動植物園は現在も一部限定の公開にとどまる。帰ってくる猛獣は、全面開園のタイミングに合わせて一般公開されるという。大西市長は「避難中大切に預かってくれた皆様へ厚く御礼申し上げたい」と語った。(大畑滋生)