【動画】新人王戦で4強入りした藤井聡太七段=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)が8月31日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第49期新人王戦(しんぶん赤旗主催)の準々決勝で、近藤誠也(せいや)五段(22)に84手で勝ち、ベスト4入りを決めた。準決勝で青嶋未来五段(23)と対局し、勝てば、決勝三番勝負進出が決まる。

 対局は午前10時にスタートし、午後5時23分に終局した。藤井七段は「お互いに玉が薄い形での戦いとなり、均衡を保つのが難しい将棋だった。最後に攻め合いになった辺りから少しずつ指せそうな感じがした。青嶋五段は右玉などを得意とされる実戦的な棋風の強敵。決勝三番勝負に出られるよう全力を尽くしたいと思います」、近藤五段は「中盤が難しくて。非常に一手一手が難しかったです」と話した。

 新人王戦は若手棋士の登竜門。羽生(はぶ)善治(よしはる)竜王(47)、佐藤天彦(あまひこ)名人(30)も「新人王」経験者だ。参加資格が「六段以下」と定められ、2018年に四段から七段まで連続昇段した藤井七段にとって今期が「最後の新人王戦」となる。

 藤井七段の次の対局は9月3日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら