【動画】紀伊半島大水害から7年 那智川流域の被害地域=高橋伸竹撮影
[PR]

 紀伊半島大水害から7年。那智川の氾濫(はんらん)や土石流で未曽有の被害を受けた那智勝浦町井関、市野々地区では、上空からは以前の生活を取り戻した家々や稲穂が光る水田が見え、復興の様子がうかがえる。

 流域で国や県の砂防事業も着実に進むなか、市野々の太田博久区長(66)が危惧しているのが危機意識の緩みだ。8月23、24日の台風20号で避難所の小学校には20人近い住民が避難してきたが、太田さんには少なく映った。

 「早く逃げてもらわないといけない人は、もっといた。砂防堰堤(えんてい)ができて安心、となってはいまいか」(東孝司)