さくらももこさんは2015年2月、テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」が放送25周年を迎えたのにあわせて、朝日新聞の書面インタビューに「こんなに長いこと、可愛がっていただけて感謝しかありません」などと答えていた。

 長く愛され続けた理由を聞かれ、「テーマが日常なので、親しみやすかったのだと思いますが、こんなに長いこと、可愛がっていただけて感謝しかありません」。アニメで描かれる主人公まる子について、「私が書いていた頃よりはいい子になったかな(笑)」。

 今後の活動については、「まる子をコツコツと描いてゆきたいし、漫画やエッセーのほか今、歌の作詞の仕事も力を入れてやっています。作詞での音楽活動が広がりつつあり、忙しいけれど楽しい毎日です」とつづり、「ますます楽しい作品をお届けできるように、私もアニメチームもがんばって創作致します」としめくくっていた。