[PR]

カイシャで生きる 第4話■

 中小企業の経営者は、左遷についてどう考えているのだろうか。

 グループの従業員が約200人で、機械部品加工などを手がける太陽パーツ(堺市)。社長の城岡陽志(しろおかきよし)さん(69)は「左遷しても大企業は代わりの人材がいるでしょう。我々が失敗のたびに左遷したら、誰もいなくなってしまう」と笑った。

 失敗を恐れずに挑戦する気風をどう作るか。そんな思いから、1998年に創設したのが「大失敗賞」だった。

 第1号の受賞者は、篠川秀樹さん(54)。カー用品を製造販売する新規事業に挑戦した。半年経つと量販店から返品が相次ぎ、約5千万円の損失を出した。売れないと商品が返品される仕組みを理解していなかった。

 篠川さんは落ち込んだ。一緒に仕事をした同僚は、もっと落ち込んだ。社内の雰囲気も暗くなっていた。

 区切りをつける必要があった。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら