[PR]

「ハンサムマザー」はとまらない:59

今尾朝子

 エムスタ編集長に「そろそろ秋の流行が知りたいです」とお題をいただき、今回はこの秋注目のファッションについてすらすらと原稿を書き始めたものの、もしやと思って見返した昨年秋のトレンド予測とほぼ一緒。レギンス、長め丈シャツ、エコファーアウター……。どのアイテムも去年より進化しているし、着こなす気分も去年と一緒ではないけれど、ママたちにおすすめしたいアイテムにさほど変化がないというのが正直なところだったのです。

 子育て中は何かとファッションに制約を感じることもあるけれど、それでも秋に向けてオシャレを楽しみたい。そんな気分の方には、“色を楽しむ”ことをおすすめしたいです。

 この秋、展示会でも断トツで人気だったのが、パープル系の色味。スカートやワンピースで色を楽しむのもありですが、初心者ならまずはニットトップスで取り入れてみるのはいかがでしょうか。普段は無難な黒やグレーのリブニットを着ている方もパープルにスイッチするだけで華やかさが増し、周囲のママ友から反応があるはず。パープルはデニムカラーや紺、黒、グレーなどベーシックな色と相性がいいので、普段着に1点取り入れるのも簡単です。

 そして柄としてはチェックがこの秋、大流行しそうです。編集部でもいち早く秋を感じたいスタッフがチェックのパンツをはいているのを最近よく見かけます。チェックはアニマル柄などと違ってトラッド感が強く、きちんとした印象を醸し出すのでオフィスにも使える流行と言えそうです。

 冒険色なら赤。あえて毎日着るコートで赤を取り入れて、地味な印象から抜け出してみるのもひとつです。最近は赤に限らず、水色やピンクなどのカラーコートが、秋の初めから売れていく傾向がある、というのはお付き合いのあるファッションPRの方の声。例年だと、着回しが利いて無難な色がいちばん使えるとベーシックカラー一辺倒になるママたちの装いも、この秋、変わってくるかもしれません。