[PR]

 大分県は27日、毒キノコのツキヨタケを食べた玖珠町の50代男性が下痢や腹痛などの食中毒の症状を発症したと発表した。男性は入院はせず、すでに快方にむかっているという。

 県によると、男性は26日、山登りをした際に由布市庄内町の男池周辺でキノコを採取し、翌日朝にみそ汁に入れて食べたという。残っていたキノコを県が鑑定し、食用のヒラタケやシイタケに似たツキヨタケと判明した。ツキヨタケによる食中毒は昨年10月にも発生している。

 県は「素人判断はせず、確実に鑑定された食用キノコ以外は絶対に食べないでほしい」と呼びかけている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/