[PR]

 7月末でフジテレビを定年退職し、フリーとなったアナウンサーの牧原俊幸さん(60)=東京都世田谷区=がマジシャンとして寄席にデビューした。芸名は「マッキー牧原」。牧原さんは「これからは第二の人生を楽しみたい」と話している。

 浅草演芸ホール。8月21日、23日、26日の「昼の部」のゲスト枠で出演した。

 蝶(ちょう)ネクタイに紫色のタキシード姿。マイクを持ち、自己紹介すると客席からどよめきが起きた。人気バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「食わず嫌い王決定戦」でのナレーションでも知られた牧原さん。名セリフ「実食です!」を再現すると大きな拍手が起きた。

 北海道出身。同郷のマジシャン・北見マキの熱烈なファンで、小学生のころから手品ネタを買い込んでいた。早大時代は「寄席演芸研究会」に所属。今回の浅草での寄席デビューは、学生時代から親交のある落語家の桂竹丸さんに呼ばれたのがきっかけだという。

 1983(昭和58)年、フジ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら