岐阜の病院で80代の患者4人死亡 冷房故障で熱中症か

[PR]

 岐阜県警は28日、岐阜市一番町の「Y&M 藤掛第一病院」で入院中だったいずれも80代の男性2人、女性2人の計4人が亡くなった、と発表した。4人が亡くなった当時、病院のエアコンが故障していたという情報があり、県警は業務上過失致死の疑いもあるとみて死因などを詳しく調べている。

 岐阜中署によると、27日午後8時半ごろ、関係者を名乗る者から県警本部に電話があり、「26日から27日の間に病院で4人が亡くなった。熱中症の疑いがある」との情報提供があったという。県警が調べたところ、4人は26日午後8時40分~27日午前11時37分に死亡した。

 署によると、検視の結果、4人には外傷はなく、死亡当時、病院の3階と4階のエアコンが故障していたという情報があり、死亡との因果関係を調べている。

 病院ホームページによると、同院は「老人医療」を専門としており、病床119床を有しているという。病院の担当者は取材に対し、「問題があったとは考えていない」と話している。

 病院はJR岐阜駅から北東に約1・1キロ。