[PR]

 東京都営の調布飛行場で2015年7月に自家用小型機が墜落してから続く自家用機の離着陸自粛について、都は再開に向けた判断を9月初めに行う方針を、調布、府中、三鷹の地元3市に伝えた。事実上の自粛解除となるため、調布市の長友貴樹市長は28日の記者会見で「市民感情に配慮しながら、2市と相談して対応する」と話した。

 墜落事故で住民ら3人が死亡した。その後、法的拘束力はないものの、都は自家用機の所有者らに離着陸自粛を要請してきた。

 調布市などによると、今月14日にあった地元自治体との協議の中で、都が「8月下旬か9月初めに、自家用機の空港使用届出書の受け付けを再開したい」と打診した。実質的な飛行許可に当たるため、市側は「時期尚早だ」と再考を促したが、23日に再び「9月早々に判断したい」と連絡があったという。

 再開について、都港湾局は「事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら