[PR]

 東京都台東区のマンションで昨年5月に高校3年の女子生徒(当時17)が殺害された事件で、嘱託殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた少年(19)に対する裁判員裁判の初公判が29日、東京地裁であった。少年は起訴内容を認め、被告人質問で、女子生徒から「妊娠した」と打ち明けられ、頼まれて殺害したと述べた。

 供述によると、少年は昨年5月3日、交際相手だった女子生徒とデートした時に「普段と様子が違う」と感じ、同日夜に生徒宅を再訪。生徒から「妊娠しちゃったみたい」と打ち明けられ、「(少年が生徒の親に)怒られるのを見るのは耐えられない」「もう死んじゃいたい」と泣きながら言われ、求められるままに首を絞めて殺害したという。少年はいったん現場を離れたが、翌朝に再び戻って「自分が生きているのが許せない」などと思って室内の布団に放火して自殺を試みたが、死にきれなかったと説明した。

 検察側はこの日の公判で「殺害や放火の態様や結果から、刑罰以外が相当という特段の事情はない」と述べた。一方、少年の弁護人は、「保護処分にすべきだ」と訴えた。(北沢拓也)