[PR]

 南米パラグアイで、警察の倉庫に保管されていた少なくとも42丁の自動小銃が木やプラスチックの模型やおもちゃとすり替えられていたと25日、同国内務省が明らかにした。小銃の横流し目的とみられ、地元メディアは、同国の警察の歴史で「最も恥ずべきスキャンダル」と報じている。

 現地報道によると、銃がすり替えられたのは首都アスンシオン近郊カピアタにある警察の倉庫。小銃は新型への切り替えのために保管中で、使用できる状態だった。昨年から闇市場で小銃が出回り、高いものは1万ドル(約110万円)で取引されるものもあったことから、警察が調査を進めていた。保管の責任者は解任された。

 紛失が発覚したのは7月9日。内相まで情報が上がったのは8月15日だった。すり替えられていたおもちゃの中には実物と同じ重さのものもあった。隣国ブラジルではパラグアイからの銃の密輸が問題化しており、犯罪組織による犯行の可能性があると見られる。

 パラグアイの警察では今年1~7月に他にも計90丁余りの銃器の行方もわからなくなっており、内相は「警察が銃器をなくすなど信じられない出来事だ」と述べた。(ハバナ=岡田玄)