[PR]

 岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」(藤掛陽生(ようせい)院長)で入院中の80代の男女4人が熱中症の疑いで相次いで死亡した問題で、岐阜県警は新たに入院中の男性(84)が死亡したことを確認したと29日未明、発表した。一連の問題に関係するとみられる死者は5人目。

 県警によると、28日夜、男性の成年後見人(52)が岐阜中署を訪れ、発覚した。亡くなった男性は24日から入院しており、28日午後6時40分ごろ、死亡したという。検視の結果、外傷などはなかった。5人目の死亡について、病院からの連絡はなかったという。

 病院では20日から3、4階のエアコンが故障中で、この男性は当初、3階に入院したが、死亡時にはエアコンの利いた2階にいたという。県警は27日までに死亡した4人と同様、熱中症で死亡した可能性もあるとみて捜査している。

 岐阜市は29日朝、前日に続いて病院へ2度目の立ち入り検査を実施した。県警も28日夜に病院を家宅捜索しており、患者が死亡した状況や病院の管理体制について詳しく調べている。関係者によると、27日までに死亡した4人について、1人は3階に、3人は4階の別々の部屋に入院していたという。県警は29日にも4人の司法解剖を実施する方針。