[PR]

 奈良の妖怪のイラストなどが並ぶ企画展示「奈良の妖怪をウォッチ!」が、奈良県立図書情報館(奈良市大安寺西1丁目)で催されている。「砂かけ婆(ばばあ)」や「ろくろ首」など、県内に生息すると言い伝えられている12種の妖怪のイラストが並ぶ。2日まで。

 奈良県生駒市出身の紙芝居作家なかたにゆかさんが絵を描き、奈良市在住のライター小我野(こがの)明子さんが紹介文を添えた。同館総務企画課の伊藤享子(ゆきこ)さん(46)は「本を借りる場としてだけではなく、少しでも楽しいことを提供できれば」と話す。

 展示を見た奈良市立大安寺西小4年の多氣田(たけだ)光(こう)君(10)は「知らなかった妖怪がいてびっくりしました」、同5年の今井悠貴君(10)は「アニメで見るより絵の方がちょっと怖いと思いました」。

 1日と2日にイベント「妖怪マ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら