[PR]

 この夏は災害級の暑さが続き、「学校にエアコンを」と求める声が今後さらに広がりそうです。一方で「汗をかく力は2歳までに育つ」「冷房を使いすぎると汗がうまくかけない」、という話を聞いたことはありませんか。こうした説は本当なのか、専門家に取材しました。

汗をかく力は2歳までに育つ?

 「2歳説」が語られるようになったきっかけとされる書籍を調べてみた。汗の研究の大家で、文化勲章も受章した久野寧・名古屋大学名誉教授が1963年に発行した「汗の話」だ。

 この本によると、汗を出す汗腺の数は、寒い国に生まれた人は少なく、熱帯では多い傾向がある。日本人でも、熱帯で生まれた人は現地の人と同じぐらいの汗腺の数になっていたという。汗腺の数は、生まれた土地の気候や遺伝によって左右されるようだ。

 その汗腺には、汗をかく力のある「能動汗腺」と、ない汗腺がある。最終的にどのぐらいが能動汗腺になるかは、2歳半ごろまでに決まるとされている。日本人の生後1カ月ほどの子から大人までの汗腺を調べたところ、2歳半の子には、すでに大人と同数程度の能動汗腺があったことから、こうした結論を導き出した。汗腺の数に限って言えば、「2歳説」は間違いではない。

汗をかく力って何?

 ただし、体温調節のために汗をかくには、汗腺から汗を出す機能が発達しなければならない。

 人は、まず皮膚のセンサーで気温を察知し、脳の体温調節中枢が「暑い」と判断すると、自律神経に指令が伝わって、まず皮膚の血管を広げて放熱する。さらに汗をかいて、皮膚から気化させることで熱を逃がし、体温を調節する。

 中京大学スポーツ健康科学科の松本孝朗教授によると、暑い環境や運動で体温が上がっている時に、よりすばやく、より多くの汗をかければ、早く体温を調節できるという。汗腺から出る汗の量と、反応のすばやさが汗をかくうえで大切だ。

 実は、この汗をかく機能が、子どもは未熟だ。ひとつの汗腺から出る汗の量が少なく、特に運動時などたくさんの汗をかく必要がある時に、大人のようにうまく発汗できない。こうした発汗機能は思春期に発達する。「汗をかく力は2歳までに育つ」わけではなさそうだ。

写真・図版

エアコン漬け、汗をかく力が育たない?

 一方で、「冷房を使いすぎると汗がうまくかけない」という説は正しいのだろうか。

 松本さんは「自宅と学校がエアコンで涼しくても、子どもたちは通学時や体育の授業、遊びの時間に汗をかくことで暑熱順化が起きる」と話す。

 暑熱順化とは、暑い環境に何度も身を置いたり、暑い中での運動を繰り返したりすることで、たくさんの汗をすぐにかけるようになることだ。体温上昇や心拍数の増加が抑えられ、暑さに耐えられるようになる。

 こうした暑熱順化は、1日に1~2時間、暑い環境にいれば、数日~2週間程度で完成するという。つまり、子どもたちも登下校や体育授業などの日常生活で、汗をかく夏の支度はできると松本さんは言う。

 松本さんは「『暑熱順化が必要だからエアコンを使うべきでない』というのは間違っている。特に今年のような災害級の酷暑では、命を守るために必ず使うべきだ」と指摘している。

<アピタル:医療と健康のホント>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/honto/(鈴木彩子、松本千聖、水野梓)