[PR]

 アマゾンジャパンは29日、加盟する実店舗でスマートフォンとQRコードを使って支払いができるサービスを始めた。アマゾンが実店舗でのQR決済を本格的に展開するのは世界でも日本が初めて。日本のQR決済市場にはIT大手など各社が参入しているものの、まだ消費者には浸透しておらず、開拓の余地が大きいと判断したようだ。

 利用するには、客は自分のスマホでアマゾンのアプリを起動し、QRコードを表示する。店側はタブレットに金額を入力してカメラを起動し、客のQRコードを読み込むと支払いが完了する。客は、クレジットカード情報などを登録したアマゾンの通販サイトのIDをそのまま使える。

 加盟する飲食店、小売店などはまだ数十店舗だが、今後はクレジットカードやICカード決済にまだ対応していない中小事業者を主なターゲットにする。通常、店舗側の決済手数料は3・5%だが、アマゾンジャパンと組む「ニッポンペイ」のタブレットを申し込めば、2020年末まで無料になるという。

 スマホでのQRコード決済には楽天やLINE、ヤフーなどIT企業のほか大手銀行やNTTドコモなども参入。利用者や加盟店の獲得競争が激しくなりそうだ。(栗林史子)