シェアハウス被害は30~50代会社員が大半 公務員も

有料会員記事

藤田知也
[PR]

 スルガ銀行シェアハウス融資問題で、多額の借金返済に苦しむ物件オーナーの被害弁護団が29日記者会見し、オーナーの大半は30~50代の会社員だとする調査結果を公表した。借入額は1棟につき平均1・3億円にのぼる。

 オーナー約180人へのアンケートによると、40代が37%と最多で、30代や50代と合わせると計96%だった。職業は78%が会社員で、医師や学校関係者、公務員も複数いた。

 物件はほぼすべてが東京都区内だった。オーナーは全国にまたがり、都内在住が43%と最多だった。購入棟数は過半が1棟で、2棟が58人(34%)、3棟も8人(5%)いた。

ここから続き

 弁護団がシェアハウス運営会…

この記事は有料会員記事です。残り317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。