[PR]

 大阪府警富田林署で留置中の樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、樋田容疑者が留置されていた居室で見つかった手書きのメモに、逃走当日の12日に印がつけられていたことが捜査関係者への取材でわかった。メモには留置担当者の勤務日などがカレンダー形式で書かれていた。樋田容疑者が監視態勢などを踏まえ、入念に計画した上で逃走を決行した疑いがある。

 捜査関係者によると、メモは逃走後しばらくして見つかった。折りたたまれてトイレの仕切り部分の隙間に挟み込む形で隠され、その上から詰め物をして見えづらくしていたという。

 富田林署では署員2人が3交代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら