[PR]

 自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)に立候補する石破茂元幹事長は30日、石破派の会合であいさつし、夏の甲子園を沸かせた秋田県立金足(かなあし)農業高校を引き合いに「金足農が一生懸命頑張った。あのひたむきさ、一生懸命頑張ってるよね、それが人の心を動かす」と述べた。

 石破氏は会合で金足農に言及し「自民党はそうあるべきで、総裁選はまさしくそれを表すものでなければいけない」と述べた。

 これに先立ち、石破氏は同日朝、東京都内のホテルで、参院竹下派を率いる吉田博美・参院幹事長と会食。吉田氏は「我々は『金足農業』でやっていきましょう」と持ちかけたといい、石破氏がさっそく連携した形だ。

 吉田氏が石破氏支持を決めてから両者が会うのは初めて。吉田氏は、石破氏が掲げる「正直、公正」というキャッチフレーズへの嫌悪感を口にしてきたが、この日、取り下げは求めなかった。

 吉田氏は一方で、森友、加計学園問題を抱える首相への批判ととられることは得策ではないとの考えも伝えた。政権批判を続ける石破氏への反発が党内で根強いことを念頭に「石破さんにばいきんまんは似合わない。アンパンマンのように笑ってください」と助言したという。(久永隆一、岩尾真宏)

こんなニュースも