[PR]

 老夫婦の遺品に色あせた店の写真が残っていた。

 その「三浦家(みうらや)」は東京・西新宿の路地にあったタコ焼き屋だ。写真は古く「一箱 一五〇円 28ケ」と価格表も見える。三十数年前に学生だった記者も、酒屋のアルバイトで配達中、軽ワゴン車で立ち寄った。いつも行列だった。

 営むのは九州出身の森川高士さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも