[PR]

 今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農に、秋田県が県民栄誉章を授与することが30日、決まった。同校の活躍が県民に感動と希望を与え、県の農業への注目度を高めたことなどが授与理由という。

 この日、同校の選手や関係者が大会報告のために秋田県庁を訪れた際、佐竹敬久知事が明かした。

 佐竹知事は「高校野球の見本のようなプレーを甲子園で見せてくれた。秋田の野球を変えたと思う」と同校の戦いぶりを称賛。「雪国のハンディを乗り越えてあそこまで行けたことで、すべての分野で『やればできる』という希望を県民に与えてくれた。県民がこれほど燃えたことはない」と説明した。

 佐々木大夢主将は「甲子園への出発前、県を盛り上げたいということと、県と農業高校の代表として頑張りたいと言ったが、それを有言実行できたと思う」と話した。

 県民栄誉章の授与式は、秋ごろに行う予定という。(山田佳毅)

こんなニュースも