[PR]

 リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)が日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長らからパワーハラスメントを受けたと主張している問題で、協会は30日、記者会見を開き、パワハラ問題について第三者委員会の調査にゆだねる考えを示した。

 協会は同日午後に緊急会議を開いて対策を協議した。その後、取材に応じた具志堅幸司副会長は、「できるだけ関係のない人に(調査を)お願いしたい」と話し、「大変お騒がせしたことにおわびを申し上げたい。パワハラがあったとすれば大変な問題。調査委員会の結果を待って、報告したい」と語った。

 宮川選手は29日、都内で記者会見を開き、強化態勢を巡ってパワハラ行為を受けていた、と主張し、「権力に支配されない協会になってほしい」と体制を改めることなどを求めていた。