[PR]

 「児童文学のノーベル賞」と言われ、長年子どもの本に貢献した作家や画家に贈られる国際アンデルセン賞の授賞式が31日、ギリシャのアテネであり、「魔女の宅急便」などの作者として知られる角野栄子さん(83)に、作家賞の賞状とメダルが授与された。

 国際アンデルセン賞は2年に1度、国際児童図書評議会(IBBY)が選考。日本人で作家賞を受賞したのは、まど・みちおさん(1994年)、上橋菜穂子さん(2014年)に次いで3人目。

 角野さんは授賞式でのあいさつで、第2次世界大戦中に10歳だったと振り返り、「あの過酷な時期を本によって、どれほど慰められ、生きる勇気を与えられたか」と述べた。5歳で母を亡くし、泣いてばかりいたとき、父がひざの上で昔話を聞かせてくれ、物語が大好きになったエピソードなどを紹介。「物語は読んだ瞬間から読んだ人一人ひとりの物語になり、その人の言葉の辞書になっていく。その辞書から想像力が生まれ、人の世界を広げ、つらいときも助けてくれる」。そして、絶えない争いや災害などを念頭に、「今は難しい時代」とした上で、「地域を越えて、物語には大きな力があると信じています」と語った。

 角野さんは70年の作家デビュー以降、映画化もされた「魔女の宅急便」シリーズをはじめ、200作以上の著書を刊行したほか、多数の翻訳も手がけてきた。初めて自分で読む幼年童話にも力を注いで来た。

 選考で特に着目されたのが、日本に根ざした物語と、作品に登場する少女や女性の自立心だ。IBBYは「角野の描く女性はどんな困難に出会っても、忍び寄る自己不信にとらわれることなく対処法を見つけていく。人々が本の中に求める、今の時代にふさわしい作品」と評した。(アテネ=中村靖三郎)