まるでお神輿、漆黒の姿 築地の華

有料記事

抜井規泰
[PR]

魚河岸ものがたり:16

 魚河岸の店先は、まるで縁日の屋台だ。

 無数の裸電球が売り場を照らし、それぞれの店の工夫をこらした看板が踊る。縁日のタコ焼きや綿菓子、お面の代わりに売られているのは、所狭しと並べられた光り輝く魚介たちだ。

 午前5時48分。セリを終えた生の本マグロが、小車に乗せられ、セリ場から仲卸に運び込まれていった。

 時に200キロを超える生の…

この記事は有料記事です。残り511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!