[PR]

 ソウル音楽の「女王」と呼ばれた米歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀が8月31日、米ミシガン州デトロイトの教会であり、歌手や政治家ら多くの著名人が参列した。自らの就任式で歌を披露してもらったクリントン元大統領が弔辞を読んだ。

 フランクリンさんは8月16日、膵臓(すいぞう)がんのため、76歳で亡くなった。CNNによると、クリントン氏は「勇気、信念、力強さ、そして素晴らしい才能の持ち主。ただただ、彼女が好きだった」とたたえた。

 葬儀には元大統領夫人のヒラリー・クリントンさんのほか、歌手のスティービー・ワンダーさんやアリアナ・グランデさんらも参列。オバマ前大統領もメッセージを寄せた。ファンも詰めかけ、計数千人が別れを惜しんだ。

こんなニュースも