[PR]

 歌手の安室奈美恵さん(40)が描かれたタペストリーや似顔絵アートが並ぶ「Thanks!♡Namie Amuro!タペストリー展」が31日、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランスで始まる。入場無料で、引退日の9月16日まで(別イベントがある9月4~10日を除く)。

 山口県に住む会社員、梶山洋昭さんが制作し、沖縄タイムス社に寄贈した作品に加え、安室さんに関わるタイムスの記事計約70点を展示する。9月11日以降の期間後半には作品がさらに約50点増える予定で、A4サイズの似顔絵アートについては展示終了後に来場者の中から抽選しプレゼントする。

 宿泊先のホテルで新聞を読み開催を知った東京都の自営業、渡部真琴さん(39)は長女碧海(みみ)ちゃん(5)と一足早く設営中の会場を訪れ、作品をスマホで撮影。「高校1年の頃からずっと好き。体を壊していた時、バイタリティーあふれる同世代の安室ちゃんを見て頑張ろうと思えた」と涙ぐんだ。

 問い合わせは沖縄タイムス社読者局文化事業本部、電話098(860)3588(平日午前9時半~午後5時半)。(沖縄タイムス)