[PR]

 昭和後期に閉館した奈良市の映画館「尾花座」が21~23日、同館跡地のホテルサンルート奈良(同市高畑町)で期間限定で復活する。巨匠の代表作から近年の話題作まで幅広い種類の映画計8本が上映される。

 市史料保存館によると、尾花座は明治30年代には芝居小屋として開業していたとされ、歌舞伎や演劇、落語を上演していた。1920(大正9)年からは映画館「尾花劇場」として、多くの話題作や名画を上映。79(昭和54)年に、市民から惜しまれながら閉館した。

 復活上映では、新藤兼人監督が瀬戸内海の小島に生きる家族をせりふ抜きで描いた「裸の島」や、人気俳優の安藤サクラさんがプロボクサーを目指す百円ショップ店員を演じ、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した「百円の恋」など注目作が目白押しだ。

 20日に開幕するなら国際映画…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら