[PR]

 舟橋村で、小学生の「こども公園部長」も加わって整備した公園で、子どもや親などのつながりを広げる「園むすびプロジェクト」が進んでいる。子育て世代の転入促進や出生率上昇に向けた取り組みの一環で、公園での活動で人の輪を広げ、村に多くの人を呼び込もうとしている。

 今月2日、京坪川河川公園にこども公園部長が考えた二つ目の遊具「ひみつきち」が完成した。金森勝雄村長とこども公園部長らでテープカット。丸太の滑り台やハンモックを備えた秘密基地は、早速、子どもたちの歓声に包まれた。

 村は「子育て共助のまちづくり」を掲げ、地域コミュニティーの再生や将来の人口維持のため、子育て世代の転入促進などに取り組む。重点整備地区で、子育て支援賃貸住宅や認定こども園と共に、人のつながりを広げる公園も整備することにした。

 公園の運営を担当する村生活環…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら