[PR]

 第17回「坪内逍遥大賞」の授賞式が2日、美濃加茂市であり、同市出身者で初めて選ばれた脚本家の北川悦吏子さん(56)が出席した。「NHKに企画を持ち込んで足かけ5年」という朝ドラ「半分、青い。」にも触れ「こんな賞をいただいたからにはまた前を向いて頑張りたい」と語った。

 北川さんは市立太田小、西中、県立加茂高から早大へ進んだ。「ここから早大に出るときは何とかものをつくる人になりたいと思った」。会場を埋めた地元の約800人に「何だろうな」「なんていうのかな」と言葉を選びながら、自然体で語りかけた。

 朝ドラでは主人公の幼なじみが母親を亡くした後、夫である父親に「毎日がクリアすべきものになった」と語らせた。このせりふについて北川さんは、「重たい病気になって病院で過ごした私の実感」でもあったと明かした。

 「頑張ってよかったな」と受賞…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら