[PR]

 岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」で80代の入院患者5人が相次いで死亡した問題は、最初の死者が出てから2日で1週間が経った。司法解剖で5人中4人に熱中症の所見が出たほか、過去にもエアコン故障があったことが明らかになっている。岐阜県警は病院の対応などに問題がなかったか、慎重に捜査を進めている。

 藤掛第一病院は内科が診療科目。「老人医療」を専門に掲げ、本館と新館合わせて119床の療養病床がある。

 8月20日に本館3、4階のエアコンが故障。26、27日に両階の入院患者男女計4人が死亡し、24日から3日間3階にいた男性患者が28日に亡くなった。捜査関係者によると、司法解剖では5人の死因はいずれも病死とみられ、うち4人については熱中症の所見があった。

 連日30度を超す猛暑の中、どう対応したのか。病院が報道陣に説明したのは、岐阜県警が4人死亡を発表した28日、病院前の路上で応じた10分間の取材だけだ。

 エアコン故障後、扇風機を9台出した。修理に1カ月かかると業者に言われた。すぐに入院患者を移動させたが、亡くなった4人はエアコンが故障した3、4階にとどまっていた。患者の中には暑い部屋がいいという人もいる――。病院側の説明は断片的だった。

 取材に答えた藤掛陽生(ようせい)院長と病院職員は「(死亡した患者は)元々病気が重いので」とエアコン故障と死亡との因果関係を否定。「捜査に協力しているので詳しい話はできない」として、事実経過の詳しい説明は拒んだ。

 8月30日、病院の代理人を務…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら