【動画】和歌山県串本町の潮岬周辺では、波が強く打ち寄せている=水野義則撮影
[PR]

 台風21号は4日の日中、非常に強い勢力を保ったまま、四国から紀伊半島に接近し、上陸する見通しだ。4日夜には日本海に抜け、5日朝にかけて日本海沿岸を北上する見込み。気象庁は暴風や大雨に警戒を呼びかけている。

 21号が非常に強い勢力(最大風速44メートル以上、54メートル未満)のまま上陸すれば、1993年以来、25年ぶりとなる。3日、臨時記者会見を開いた同庁の黒良龍太・主任予報官は「(8月下旬に上陸した)台風20号より勢力が強い。西日本だけでなく、東日本から北日本にかけ暴風雨になる恐れがあり、早め早めに避難してほしい」と注意を促した。

 21号は3日、南大東島の北東付近を北に進んだ。4日の日中に四国から紀伊半島に上陸する見通しで、西日本から東日本にかけて急速に雨風が強まりそうだという。最大風速は四国と近畿で45メートル、東海で35メートルを予想。雨は西日本の太平洋側を中心に強まり、4日午後6時までの24時間降水量は、多いところで東海、近畿、四国で400ミリ、関東甲信で250ミリ、北陸で200ミリと予想されている。

 また4日は瀬戸内海や北陸で潮位が高くなり、大阪湾沿岸では高潮発生の恐れがあるという。北日本では5日も暴風が続き、同庁は果樹の落下や稲の被害に注意を呼びかけている。

 同庁によると、この夏は台風の発生が多く、6~8月に18個を数えた。51年の統計開始以降、94年と並んで最多タイに。フィリピン東方沖の発生域で海面水温が高く、台風の渦を作る季節風が強い状態が続いたためという。(桑原紀彦)