[PR]

 台風21号の接近に伴い、JR西日本は京阪神地区の在来線について、4日早朝から一部、午前10時までに全ての運転を取りやめる予定と発表した。

 天候回復後、可能な路線から順次運転を再開する方針。ただ、被害の状況次第では、運転を終日見合わせる可能性もある。路線ごとの運転計画は、JR西のホームページや路線ごとのツイッターなどで公表するという。

 関西の私鉄では、南海電鉄が4日午前中から全線で列車本数を減らし、その後は運転を見合わせる時間帯もある見通しだと発表した。他社は3日正午現在、運転計画は未定としているが、駅構内やホームページで運転取りやめの可能性を呼びかけるという。

運転見合わせ、紀勢線も

 JR東海は3日、台風21号の接近を受けて4日の在来線運転計画を発表した。

 紀勢線では、4日始発から多気―新宮間、正午ごろから亀山―多気間を、参宮線では、始発から伊勢市―鳥羽間、正午ごろから多気―伊勢市間、名松線は始発から全区間で、それぞれ運転を見合わせる予定だ。

 紀勢線では「特急ワイドビュー南紀」の全列車を全区間で運休する予定。