写真・図版

[PR]

 地域金融機関を舞台に、テロや犯罪組織のマネーロンダリング(資金洗浄=マネロン)が疑われる不正送金が発覚するケースが目立っている。今年に入り疑わしい取引が計20億円超も発覚し、金融庁は今月、対策が不十分とみられる地域金融10社超へ立ち入り検査に乗り出した。マネロンを理由に多数の金融機関へ一斉に検査に入るのは異例だ。

 関係者によると今年3月、埼玉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら