皇太子さまは5日、フランス公式訪問(7~15日)を前に、東京・元赤坂の東宮御所で記者会見に臨んだ。訪仏は27年ぶり。日本文化を紹介するイベントに出席予定で、「日本の伝統文化や最近のポップカルチャーがどのように評価され、受け入れられているかについて、実際に肌で感じ取れることを楽しみにしています」と語った。

 外国訪問は「皇族が果たすべき役割の中で重要な柱の一つ」と発言。天皇、皇后両陛下がその国との歴史を大切にしながら訪問を重ねてきたことに触れ、「両陛下のお気持ちを大切にして国際親善に努めていきたい」と述べた。

 また、新天皇即位を約8カ月後に控え、「陛下のなさりようを基礎として、自分に何ができるかということを常に真剣に考えていきたい」と抱負を語った。

 療養中の雅子さまは今回同行しないが、今後、雅子さまの海外経験や元外交官としての経験が、「必ず役に立つものと思います」とも語った。

■これまで38カ国を公…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら