[PR]

 認知症の人の靴にGPSを仕込んで、ひとり歩きによる行方不明を防ごうと、郡上市はGPSや専用靴を使い始める人への助成制度を創設する方針を固めた。10日開会の市議会に予算40万円を含む一般会計補正予算案を提案する。

 GPSは約30グラムで、専用シューズに内蔵できる。パソコンやスマホで位置情報を確認できるという。

 市によると、市内には認知症の症状がある人が約2100人いる。GPS機器の初期導入費用と専用シューズの代金(初回のみ)を市が負担する。月額745円の利用料金は利用者が負担する。

 日置敏明市長は「認知症の方ご…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら