[PR]

 新潟県警は3日、警察署勤務の23歳の女性巡査が公用車を運転中、高速道路を175キロで走る違反をしたとして、戒告の懲戒処分とし、発表した。道路交通法違反(速度超過)の疑いで同日付で新潟区検に書類送検したという。

 県警監察課によると、巡査は7月4日午前7時45分ごろ、新潟市中央区の本部で行われる研修に参加するため、同僚2人を乗せて高速道路で公用の乗用車を運転中、175キロ(法定速度時速100キロ)で走行。速度違反自動取り締まり装置(オービス)が作動したのに気づき、同日夕に上司に申し出た。

 女性巡査は自身の寝坊で30分ほど出発が遅れたと説明しているといい、「なんとか間に合わせたかった」と話しているという。岡本義美首席監察官は「誠に遺憾であり、県民の皆様に深くおわびします」とコメントを発表した。