[PR]

 大御所のビートたけしさんやダウンタウンの松本人志さんらを除いて、いま、テレビCMでもっとも目立っている芸人さんといえば、ロバートの秋山竜次さんではないでしょうか。

 専門家の分析によれば、その理由は“なりきり具合”と“コスパの良さ”なんだとか。あの「クリエイターズ・ファイル」のYOKO FUCHIGAMI先生として登場するものもあれば、美声を披露する、ちょっと不思議なドコモショップの店員さん。さらには忙しい通勤時、ビジネスマンになりきって多くのOLさんと共にバタバタと走るエッセンシャルシャンプー&コンディショナー、そしてロバートのメンバーや渡辺直美さんと出演する全国モーターボート競走会連合会のCMでも、歌うマスターとして出演していらっしゃいます。

 どのCMも、インパクト大で、記憶に残るものばかり。やはり、完成度の高い“なりきり”ぶりが、秋山さんへのオファーをどんどん増やしているように思います。

 ご存じの方も多いと思いますが、「クリエイターズ・ファイル」は、大日本印刷が運営するオンライン書店「honto」のフリーペーパー「honto+」での連載がスタートでした。

 担当者から「4ページで好きなことをやりませんか?」と言われた秋山さんが、ふだん舞台のコントでやっている扮装を、きちんとしたスタジオで撮ってもらって、なりきったままの状態でインタビューに答えたい……と希望し、それがどんどん続いていったのです。

 多くの人の目に留まりたいとい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも