[PR]

 静岡市は人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の原作者で8月に死去した同市清水区出身のさくらももこさんを追悼するため、市庁舎のエレベーター内のBGMとして同番組のテーマ曲「おどるポンポコリン」など4曲の放送を始めた。14日まで。

 「おどるポンポコリン」はバブル期の1990年に130万枚を超える大ヒットで、一世を風靡(ふうび)した。桑田佳祐さんが歌ったエンディングの「100万年の幸せ!!」、かつて故西城秀樹さんが歌ったエンディングの「走れ正直者」も流している。いずれもさくらさんの作詞で、葵区の市庁舎新館と駿河区役所のエレベーター内で聞くことができる。

 市は、死去が発表された翌日の8月28日と29日に新館、清水庁舎、駿河区役所、東京事務所にさくらさんへの思いをカードに自由につづってもらう記帳台と献花台を設置。2日までに計2112人が訪れたという。設置は4日まで。(野口拓朗)