[PR]

 防衛省は3日、ロシア海軍の艦艇28隻が、北海道北側の宗谷海峡を、オホーツク海から日本海へ航行したと発表した。冷戦後に日本側が公表した通過隻数として最多。危険な行動や領海内での航行はなかった。

 防衛省によると、1日午後9時半ごろ~2日午後4時ごろ、宗谷岬の北東約210キロの海域で、海上自衛隊の艦艇や哨戒機が確認した。ロシア国防省は8月28日、「演習計画に基づき、軍艦など40隻が日本海とオホーツク海で活動中」と公表。小野寺五典防衛相は「重大な関心を持って情報収集、分析をしたい」と述べ、北方四島での軍備強化などに懸念を示していた。(古城博隆)