[PR]

 絵本550冊以上を積んだキャラバンカーによる「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」が4日、県内にやってきた。28日まで幼稚園や書店など44カ所を訪ねる予定。

 最初の訪問先は佐賀市巨勢町牛島の錦華幼稚園。子どもたちはキャラバンカー内にずらりと並んだ絵本を次々に手に取り、熱心に読んだ。佐賀市の中島利哉さんらボランティアの飛び出す絵本の読み聞かせにも楽しそうに聴き入った。内川晴公(はるく)くん(5)は恐竜の本を床に広げて「絵本大好き。いっぱい本が読めてうれしい」と話していた。

 「おはなし隊」は講談社が1999年に始めた読書推進事業で、県内訪問は10回目。