[PR]

 台風21号が近畿地方を通過した4日、県内では各地で観測史上最大の強風が吹き、けが人が相次いだ。沿岸部では高潮による浸水被害も出た。

 県は午前11時ごろから午後4時ごろまで暴風域に入り、各地で猛烈な風が観測された。和歌山市では午後1時19分に1940年以来観測史上1位の最大瞬間風速57・4メートルを観測。白浜町で45・8メートル、日高川町で42・2メートルなど、県内7カ所で観測史上最大の風が吹いた。

 また暴風域に入った時間と満潮時が重なり、和歌山市では午後1時過ぎ、通常より潮位が1・46メートル高くなった。同市雑賀崎の工業団地では建物が浸水するなどの高潮被害が出た。

 県警によると、田辺市芳養松原…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら