100キロ背負い尾瀬を行く 25歳のルーツは「海」

有料記事

張春穎
【動画】たくさんの荷物を背負って歩く歩荷の萩原雅人さん=張春穎撮影
[PR]

 はるかな尾瀬。広大な高層湿原やミズバショウとともに「尾瀬ならでは」と言えるのが、たくさんの荷物を背負って運ぶ「歩荷(ぼっか)」と呼ばれる人たちだ。

 「重いし、肩が痛くなるので、自分のペースで焦らずに歩きます」

 歩荷の萩原雅人さん(25)は両腕を前に組み、荷物を積む仕事道具「背負梯子(しょいばしご)」を背中に密着させて進む。身長168センチ、体重63キロの萩原さんが大きな荷物で、小さく見える。

 背負う段ボールやカゴは15個ほどで、積み上げた高さは約2メートル。中身はレタスやトマトといった生鮮食品や缶ビールで計100キロにもなる。

 歩く時は転ばないこと、無理をしないことが大事だという。心を無にして集中し、5~10分歩くと、肩がしびれる前にベンチや木道に座って一休みする。

 8月末のこの日はいつも通り、尾瀬の玄関口・鳩待峠まで車で荷物を運び、午前7時から歩き始めた。道のりは尾瀬ケ原の入り口にある山ノ鼻の至仏山荘までの約3・3キロ。石が敷かれた道や木道の下り道は前日の雨で滑りやすいが、スタスタと進んでいく。聞けば、踏む石はいつも同じだという。

 ハイカーに会うと、注目の的だ。「すごい!」「歩荷さんに会えた!」。標高約1500メートルのブナやミズナラの森に歓声がわく。「女の子に声をかけられると元気が出ます。尾瀬は年配の人が多いけど」と軽口も飛び出す。

 至仏山が目の前に広がる休憩ポイントではボーッと風景に見入った。スノーボードが好きで積雪期にはガイドもする萩原さん。どう滑ろうかと想像を膨らませる。「夏の地形を確認できて、トレーニングもできる。尾瀬で働く特権です」

     ◇

 尾瀬の歩荷はいま、最年少の萩原さんから51歳のベテランまで男性6人。萩原さんは今年4年目で、唯一の地元・群馬県片品村の出身者でもある。

 といっても、学業を終えてす…

この記事は有料記事です。残り1483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント